お正月から始めるダイエット!食べ過ぎた分を消化しよう!


クリスマス、大晦日、正月というイベントがあったせいで、いつもより食べる量が多くなってしまった。そして、気づいたら少し体重が増えていた。そんな経験ありませんか?大抵の人はそうなりますから、気にしなくても良いと思いますが、増えた体重を減らさないといけませんね。今回はお正月太りを解消するためのダイエットの方法を紹介します。

スポンサードリンク

一番ラクなのは食べる量を減らすこと!

人間は必ずカロリーを消費しますから、消費するカロリーよりも摂取するカロリーが低ければ必ず痩せます。なので、食べる量を減らしましょう!

だからと言って、そんな簡単には減らせませんよね。良い方法があります。それは、食事の際にはいつもより水を多く飲むという方法です。水はカロリーがほとんどありません。なので、食事の時には水を少し多めに飲めば、食べる量も減らせます。また、こまめに水を飲むようにならば、空腹を遅らせることだってできます。

食べる量を減らして、水を飲む量を増やしませんか?

スポンサードリンク

カロリーをたくさん消費させる筋肉が必要!

カロリーをたくさん消費するためには筋肉が必要です。筋肉があればあるほど、一日のカロリー消費量が多くなります。では、どういった筋トレが良いのでしょうか。あまり筋トレをしたことないよっていう方はこちらの筋トレがオススメです。

10分で簡単にできるので良いですね。

また、ストレッチもカロリーを消費してくれます。ストレッチの効果がよりあるのは体が温かくなっている時です。風呂あがりにすると効果がよりあると言われています。

きちんと睡眠をすることが大事!

睡眠はダイエットをする上で必要不可欠なものです。睡眠時間が少ない人ほど肥満になる確率が大きくなるとまで言われています。

十分な睡眠をしていなく、睡眠不足の状態になると、食欲を増進させるホルモンが増えてしまいます。また、基礎代謝量が減ってしまいます。ただ、睡眠時間を確保すれば良いだけでなく、睡眠の質も大事になってきます。浅い睡眠をしているなと思っている人は正月も終わり、新年が始まったということもあるので、自分の睡眠を見直してみるのも良いのではないでしょうか。

まとめ

いつもの生活を少し変えることで、すぐに体重を落とすことができます。おせちなどで増えてしまった脂肪を燃焼して、正月太りからおさらばをしましょう!

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

銀杏の食べ過ぎには注意!?何個まで!?鼻血がでちゃう!?
おせちの意味って!?れんこんや数の子はなぜあるの!?
簡単!おすすめ男の料理【麻婆豆腐】
七草粥はいつ食べる?なぜ食べる?効果ってなに!?
ちらし寿司の前日準備になにするの?具や錦糸卵も前日に?
七草粥は日持ちするの!?保存方法は!?
賞味期限切れの油の捨て方は?未開封でも処分をしたほうがいいの?
さつまいものあくが付いたべたべたした包丁の落とし方は!?
牛乳の賞味期限っていつまで使っても大丈夫なの!?
賞味期限切れの油は使える?使い道や処理はどうすればいいの?
クッキーを手作りしたら日持ちは?保存は?固いのを防ぐには?
アイスクリームの賞味期限表示がない理由は?なぜ?食べかけも大丈夫?
焼肉をするとどうして下痢にすぐなってしまうの!?

Menu

HOME

TOP