水筒の簡単な洗い方は!?これで茶渋や臭いも取れる!!


毎日水筒を使っていると、ちょっとずつですが汚れがたまってきますよね。奥のほうまで洗いたいけど、スポンジが届かない。毎日お茶を水筒に入れていたせいで、水筒の中は茶渋だらけ。ストロー付き水筒を使っているけど、ストローの中が洗えなくて困ってしまう。などなど、水筒を洗うのは大変ですよね。今回は水筒の簡単な洗い方と、茶渋や臭いなども取れる方法を紹介します。

スポンサードリンク

水筒の簡単な洗い方は!?

スポンジを使って水筒を洗おうとしても、なかなか奥のほうまで届かなくて困ってしまいますよね。そういう時に使えるのがこの方法。ズバリ、スポンジに併せて箸を使うです。この方法はいたって簡単です。まず、箸をスポンジに斜めに入れます。そうすると、箸がクロスした状態でスポンジに刺さっています。そして、その箸をつまんで使えば、楽に奥まで届いて洗うことができます。

これが、スポンジと箸を使った洗い方の動画です。

この方法で簡単にできます。だけど、スポンジに箸を刺したくない人もいると思います。そういう人はこの形に似た水筒を洗うスポンジもあるのでそちらを購入してもいいと思います。

他に、卵の殻を砕いでそれと少量の水を加えて振って汚れを取る方法もあります。これはスポンジでも手が届かない場合に有効です。酢を入れて長時間放置する方法もあるようですが、これはあまり効果がないようなのでやめといたほうが良さそうです。

しつこい汚れ、臭いを取りたい場合は!?

これでも十分に茶渋などの汚れや臭いをを取ることができますが、それでも取れない汚れがあると思います。そういうときはこういった漬け込んどくだけで汚れが取れる洗剤があります。酸化系洗浄剤「ピカボトル」という商品です。

スポンサードリンク

これを入れとくだけで簡単にしつこい汚れ、臭いを取ることができます。酸素系洗浄剤ならどの洗浄剤でも大丈夫だそうです。ですが、塩素系漂白剤は水筒を痛めてしまうので使ったらダメです。

他には重曹をお湯に溶かして水筒に少しの間、入れとく方法もあります。重曹はベーキングパウダーなので口に入っても安全です。

それでも落ちない場合は!?

それでも全然汚れが落ちなくて困ってしまう方はこの方法を使ってください。

「メーカーに問い合わせてみる」

この方法はとってもいいです。問い合わせてみると洗い方を教えてくれる他、メーカーが作っている洗浄剤のサンプルを送ってくれるところもあるそうです。

ストロー付き水筒を使っている人の場合ですと、どの交換用のストローを使えばいいのか教えてくれるそうです。

まとめ

これらの方法を用いれば苦労をすることなく水筒を洗えると思います。自分の気になった方法を見つけて実践してみてくださいね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP