ハロウィンのお菓子の渡し方、配り方はどうすればいいの!?


毎年10月31日にハロウィンがありますね。日本では徐々にハロウィンが毎年の恒例行事になりつつあります。なので、自然と大人が子どもたちにお菓子を渡す、配る機会が多くなってきます。「お菓子は準備したけど、どうやって渡せばいいんだろう。」と、思っている方、必見です。ハロウィンのお菓子の渡し方、配り方について説明していきます。

スポンサードリンク

子どもたちは何と言って、お菓子をもらいにくるの?

仮装をした子どもたちにしっかりと対応するためには、まず、子どもたちが何と言って、お菓子をもらいに来るかを知っておく必要があります。子どもたちはお菓子をもらうとき、「Trick or Treat(トリック・オア・トリート)」と、言ってきます。意味は「お菓子をくれなきゃいたずらするぞ。」です。このどちらかで子どもたちは言ってきます。この言葉を言われたらお菓子を渡し始めます。
次にお菓子の渡し方、配り方を説明します。

お菓子の渡し方、配り方

アメリカでは先ほどの言葉を子どもたちに言われたら、「Happy Halloween !」(ハッピー・ハロウィン!)と言って子どもたちにお菓子を渡します。日本でも「ハッピー・ハロウィン!」と、言って渡したりしますが、丁寧に渡すのであれば、「お菓子をあげるから、いたずらはやめてね。」とか、「お菓子をあげるから、あっちに行ってちょうだい。」と言ってお菓子を渡します。
次にもっと子どもたちが喜ぶ渡し方を説明します。

スポンサードリンク

子どもたちが喜ぶお菓子の渡し方、配り方

お菓子をもらいに来る子どもたちの中には仮装した役になりきってお菓子をもらいに来たりします。なので、そういった場合には仮装している役の名前を言ってあげて渡すと子どもたちも喜んでくれます。例えば、ドラキュラに仮装した子どもに対してなら、「ひぇ~ドラキュラさん、お菓子をあげるから、いたずらはやめて~。」など言ってあげると喜んでくれます。他には相手の仮装を褒めてあげることもいいです。お姫様に仮装している子どもに対してなら、「かわいいお姫様ですね。お菓子をあげるからいたずらはやめてね。」といった感じに配るのもいいですね。

まとめ

お菓子を渡すときは、子どものテンションによって渡し方を変えていきましょう。元気な子どもに対しては、こちらも元気を出して渡す。おとなしい子に対しては、こちらもおとなしくと言った感じに使い分けるのもいいです。せっかくのイベントなんですから、楽しんでお菓子を配りましょうね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

川越祭り【2014】の日程、アクセス、楽しみ方は!?すべて紹介!
ハッピーハロウィンとはなに?なぜ言うの?返事はどのようにするの?
ハロウィンのお菓子のラッピングのアイデアは?渡し方でインパクトを!
ハロウィンパーティーのおすすめゲームや食べ物は!?
河口湖紅葉まつり【2014年】のみどころ、場所、アクセスを紹介!
スリランカフェスティバル2014のみどころを大紹介!
ぶどう狩りを山梨で行いたい家族に吉報!おすすめ農園を告白!
ハロウィンのお菓子をアイシングでかわいい飾り付けにするには!?
ハッピーハロウィンの意味は?いつ言うの?言われたらどうするの?
必見!目黒さんま祭り【2014】の並ぶ時間・開催日・場所は!?
ハロウィンお菓子の定番は?人気レシピの簡単な作り方は!?
ハロウィンのお菓子を子供への配り方は?言葉はなんと言えばいいの?
ハロウィンのお菓子で彼氏におすすめなのは?気持ち悪いお菓子が人気?
ハロウィンパーティーでママ友と何をする?服装に注意!?
ハロウィンお菓子を手作りで大量にできるのはクッキー?それ以外は?

Menu

HOME

TOP