忘年会の出し物[2014年版]を大紹介!ダンスからゲームまで!


12月と言えば、あの行事が待っている。そう、「忘年会」。ただ、食べたり飲んだりお話をするだけだったら良いんだけど、そうはいかず出し物をなにかしなくてはいけない・・・
せっかくするのだったら、今年流行ったネタで出し物をしたいと思うはず。というわけで、2014年の忘年会で使える出し物(ダンス、ゲーム、手品)を紹介します。

スポンサードリンク

盛り上がるのはやっぱり「ダンス」!?

忘年会の出し物でダンスを披露する人は結構います。ダンスはスベることはまずないので、絶対に盛り上げムードを壊すことのできない新入社員や若手の人たちにとってオススメです。

では、2014年の曲で踊りやすい曲を1つ紹介します。それはAKB48の「心のプラカード」です。去年大ヒットした「恋するフォーチュンクッキー」と同じで、この曲はみんなでも踊れるような曲作りとなっています。
「心のプラカード」はこういう音楽です。

タイトルを知っていなくても、CMなどで聞いたことがある人はたくさんいると思います。この曲の売りはタイトルにもある通り「プラカード」です。甲子園の開会式の各校入場場面で女の子が学校の名前の入った板を持っていると思います。それがプラカードです。

この曲の場合はプラカードを使って自分の思いを表現しています。忘年会でこの曲を披露する場合はプラカードを使って、今年あった身の回りのビッグニュースなどを発表して周りを盛り上げてはいかがでしょうか?

ダンスの振付はこんな感じになっています。

練習をすれば、すぐに踊れるよになると思うので、もしよかったら忘年会の出し物に選んでみては。

周りの人たちを巻き込むことができるのは「ゲーム」

「自分たちだけで出し物をするのは、ちょっと嫌だな」と思っている人にオススメなのが、ズバリ「ゲーム」です。自分たちが企画、運営を行って周りの人達に楽しんで貰えば良いんです。

スポンサードリンク

2014年の情報を入れることのできるゲームといえば、「モノマネ当てゲーム」だと思います。モノマネ当てゲームとは、お題をモノマネをする人にだけ見せ、他の人はそのモノマネを当てて、当たったら、また次のお題を見せ、当てさせるという流れです。このゲームのポイントは時間制限を設けるということです。時間制限があったほうが、モノマネする人も当てる人たちも盛り上がってゲームを行えます。

お題に今年話題となった人たちを盛り込めば忘年会でも使えると思います。お題に「佐村河内守」「小保方」など設定したら、盛り上がること間違いないですし、今年もこういうことあったなと振り返ることができます。

2014年にこだわりを持たなければ「手品」でも!?

「一人で出し物をしなくてはならない」という状況なら、手品をするのが無難だと思います。手品をしている時は人の様子を伺うこともなく、手品に集中することができますしね。

すごく派手なマジックをしたいのなら、お金をかけるのが良いです。通販などでも購入できますが、実際に自分のしたい手品を見つけるのならマジックショップに行って、店員さんに見せてもらったり、購入して教えてもらったりすると、自分の納得した手品をすることができますし、習得するのに時間がかかりません。

そこまで、派手な手品をしなくても良いのなら、100円均一にマジックグッズがたくさんあるので、そちらから選ぶのもありです。マギー司郎風に手品をすると盛り上がりますよ!

まとめ

今回は忘年会で行う、ダンス、ゲーム、手品を紹介しました。自分が楽しんで出し物をすれば、見ている人たちも楽しめると思うので、おもいっきり出し物を披露してくださいね。

こちらには各出し物の詳細を紹介しています。

出し物にダンスをしたい人はこちら
⇒2014年の忘年会の余興ダンスはココで決定!コレしかない!

出し物にゲームを考えている方はこちら
⇒忘年会2014年のゲームはこれだ!大人数でできるゲームを紹介!

ちょっと頑張って、一発芸をしようとしている方はこちら
⇒忘年会でやる一発芸【2014】簡単にできるオススメネタ紹介!

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP