お年玉の袋の書き方は?入れ方は?手作りもできるの!?


「今年からあげるようになったお年玉。けど、お年玉ってルールとか作法ってなにかあったっけ?」など、と考えたことはありませんか?今回はお年玉の袋の書き方、入れ方、お年玉袋を手作りで作る方法を紹介します。

スポンサードリンク

お年玉の袋の書き方って!?

お年玉の袋に書く内容は名前です。基本、袋の表面には貰う人の名前、後ろ面には渡す人の名前を書きます。なお、この時期にもらうものはわかっているため、袋にはわざわざ「お年玉」の文字は書かないようです。

表面には「○○ちゃんへ、○○くんへ」という風に書き、裏面には「○○より」という風に書きます。

最近はお年玉の袋にはいろいろな柄があり、名前を書くスペースがない場合もあります。表面の中央に名前を書くスペースが有ればよいですが、なければ右上に書きます。さらに右上にもスペースがなければ、左上に書くようにします。

名前を書くことによって、「事前にしっかりと準備をしてましたよ。」ということが伝わるようです。また、親戚などで子どもに顔が覚えられていない場合などにおいては、しっかりと自分の名前を書いておかないと、子どもは誰からもらったのか覚えてくれなく、しかも、その親があなたからもらったということに気づかないことが起きてしまう場合もあります。そうなると、あとで変な誤解が生じるので、しっかりと名前を書きましょう!

お年玉の袋の入れ方は!?

お年玉の袋にいれるのはお札や小銭ですね。お年玉に関しては厳密なルールはないようですが、少しでも良く見せるには次のようにすると良いそうです。

スポンサードリンク

お年玉の袋に入れるお札は新札が良いということ。

これは新札だともらった人が喜ぶだからそうです。

お札を折る時は三つ折にするということ。

これは割れない数にすることで縁起を良くさせるということです。また正月から「折る」ということが嫌な人は縦長の封筒を使って渡したりするそうです。

袋の表面にお札の表面が来るように入れる。また、折って入れる時はお札の顔が表にするように入れるということ。

このようにしたほうが、一番印象に残るだからそうです。

これらのことをするだけで、もらう子どもたちはより喜んでくれると思いますよ!

お年玉の袋を手作りで作る方法は!?

最近はいろいろな柄の折り紙が売っています。お年玉の袋に気に入った袋がなくても、折り紙で気に入った柄があれば折り紙からでもお年玉の袋を簡単に作ることができます。

お年玉の袋のを手作りで作る方法はこちらになります。

とてもかわいい袋ができましたね。子どものなかには大切な人からもらったお年玉はしっかりと袋を取っといている場合があります。今年のお年玉の袋は手作り用意してみてはいかがでしょうか。

まとめ
今回はお年玉の袋の書き方、入れ方、手作り方法を紹介しました。少し手をいれるだけで、もらう側としては何倍にも喜びが増すと思いますので、これらのことを実践してみてはどうでしょうか。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ケンタッキーのクリスマスは後払い?先払い?どっち!
年始の挨拶は何日までにする?期間は?忘れた場合は!?
おせちの意味って!?れんこんや数の子はなぜあるの!?
正月はいつまで?何日まで?正月の時期は?その答え紹介!
未使用の年賀状の処分方法は!?交換ができる!?
お正月ディズニー【2015年】の混雑を大予想!
正月に掃除、洗濯をしてはいけないの!?いつから?三が日?
正月の勉強場所はどこにあるの!?
クリスマスプレゼントをあげる日はいつなの!?
お年玉をあげたくない場合はどうすればいいの!?
正月に暴飲暴食して下痢になるのはなぜ!?
年始の挨拶をいつまでにする?アポなしや遅れた場合はどうする?
正月の定番の遊びってなに!?やっぱりあれだった!
年賀状の未使用の交換の期限って?払い戻しや買取はできる?
初詣で関西にある人気な縁結びやご利益の神社はどこ!?

Menu

HOME

TOP