ランチパスポート新宿版Vol.2の掲載店舗情報を大紹介!


今日で10月が終わり、明日から11月が始まります。それに伴い、ランチパスポート新宿版Vol1.の利用期間が終了し、明日からVol2.が始まります。なので、今日はランチパスポート新宿版Vol2.の掲載店舗情報を発信します。

スポンサードリンク

ランチパスポートの使い方は!?

まず、使用したい地域のランチパスポートを購入します。私は新宿版を購入しました。ちなみにランチパスポート新宿版Vol.2の見た目はこうなっています。

購入をしたら、次に使用したいお店を見つけ、そのお店の右上に書いてあるランチパスポート利用可能時間を確認します。そして、利用可能時間にそのお店に入店したらランチパスポートを見せます。そして、会計の時にまたランチパスポートを見せてスタンプを押してもらって終了です。

ランチパスポート新宿版Vol.2の有効期間は!?

有効期間は2014年11月1日から2015年1月31日までの3カ月間です。この間なら、お店の利用可能時間内であれば毎日利用することができます。

スポンサードリンク

前回と同じように一店舗当たり3回まで利用することができます。

Vol.1と変わらないところ、変わったところは!?

Vol.1から変わらないところは掲載店舗の数です。前回と同じように加盟店は93店舗となっています。

変わったところは掲載されているお店がだいぶん変わったということです。30店舗のお店が新しく登場しました!Vol.1にも載っていたお店も多くありますが、ランチパスポートで食べられるメニューがずいぶんと変わっていて、前回食べられなかった新たなメニューを食べることができます。

また、前回は料理のジャンルが結構偏っていましたが、今回は魚料理を提供するお店が増えたため、バリエーションが豊富になったと思います。

まとめ

早く購入しても、遅く購入しても有効期間が2015年1月31日までなので、早く購入をしてランチパスポートを利用してランチを楽しみましょう!
ランチパスポートという名前ですが、夜でも使えるお店がたくさんあるので、お仕事帰りでも使うこともできます。また、土日祝日も使えるお店がVol.1よりも増えたので、使ってみるのにためらっていた人もこの機会にランパスデビューをしてみては。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP