食器用スポンジの洗い方は?洗う面は?交換はどのくらいで?


自宅で料理をする人なら誰でも使ったことがあるものといえば、そう「スポンジ」。使った食器を洗おう時には必ず使用しますね。食器を洗うときにスポンジを使うけど、スポンジは洗わなくていいの?と感じたことはありませんか?

また、スポンジには柔らかい面とザラザラした面があってどっちの面をどのようなときに使えばいいんだろうと気になったことはありませんか?

長い間、スポンジを使っているけど、いつになったら新しいのに交換すればいいんだろうと思ったことありませんか?

今回はスポンジの洗い方、洗う面はどっちなのか、交換はいつぐらいにすればいいのか紹介します。

スポンサードリンク

食器用スポンジの洗い方は!?

スポンジはよく雑菌が増殖する場所と言われています。それは、スポンジは乾燥しにくいからなんです!
なので、雑菌を増やさないためにはスポンジを乾燥しにくい場所に保管することが大事です。

そのためには、食器を洗い終わったスポンジをきれいに洗い流して、しっかいと絞り、スポンジの中にある水分を出します。そして、面がどこにも付着しないように通気性のいい場所に干せば良いです。

最近はスポンジを洗うことのできる洗剤も販売されているので、その洗剤を使って洗って干すのもありです!

この動画はスポンジを洗っている動画になります。

次回スポンジを使用する場合はしっかりと乾燥しているものを使用しましょう。もし、まだ乾燥がなされていなければ、もう一つ新しいスポンジを用意して、1日交互にスポンジを使っていくのが良いですよ。

スポンサードリンク

スポンジの洗う面はどのように使うの!?

スポンジは柔らかい面とザラザラした面の2面がありますね。それぞれの面にはそれぞれの使い方があるんですよ!

柔らかい面では食器などを洗うときに使います。ザラザラした面で食器などを洗ってしまうと傷がついてしまうことがあります。なので、傷がつかないためにもザラザラした面を使わないようにしましょう。

ザラザラした面はフライパンの裏といった焦げなどがついた、なかなか取れない汚れがあるときに使います。

なので、普段は柔らかい面を使い、汚れが取れないときにはザラザラした面を使いましょう。

スポンジを交換するタイミングは!?

スポンジで一番の悩みはコレではないでしょうか。いつまで同じスポンジを使っても良いのでしょうか?なかなかそのタイミングがわかりませんよね。

スポンジは使えば使うほど、水が溜まりやすくなり、雑菌が増えます。そのため、スポンジは定期的に交換したほうがいいのです。

タイミングは二週間毎に交換したほうが良いと言われています。といっても、期間だと忘れてしまうときがあると思うので、もっとわかりやすくすると、いつもよりスポンジが柔らかくなったら替えたほうがいいです。スポンジが柔らかくなったということは、それだけ水が溜まりやすくなり、雑菌しやすいスポンジということになるのです。

まとめ

スポンジは使用をすればするほど、使う期間が長ければ長いほど雑菌が溜まりやすくなります。なので、きちんと定期的にスポンジ交換をしていきましょう。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP