蚊のかゆみの対処法は!?これを見れば必ず解決できます!


あなたは蚊に刺されて、かゆみが出てきたらどのように対処してますか?まさか、かゆいのをそのままにして、我慢していませんか?それだとつらいと思います。また、よく聞く対処法をしてみても効かないと言ったことはありませんか?おそらく今回紹介する方法のどれかをしてみるとかゆみがなくなると思います。というわけで、今回は蚊のかゆみの対処法を紹介します。

スポンサードリンク

どうして蚊に刺されたらかゆくなるの?

蚊は自分の卵を成長させるために、人間の血を吸います。人間の血を吸うときに血が固まらないために、蚊は自分の唾液を出します。この唾液が皮膚の中に入ることで、人間はアレルギー反応を起こしかゆさを感じてしまうのです。
理由がわかったということで、次に間違ったかゆみの対処法を説明します。

間違ったかゆみの対処法

このアレルギー反応は酸素と触れることで、起きると言われます。そのため、かゆいところに酸素を遮断すればかゆみを止めることができるらしいです。ばんそうこうを貼ると酸素に触れることがないので、かゆみを止められるということです。ですが、この話は嘘らしく、アレルギー反応と酸素の関係はほとんどないそうです。
50度以上のお湯をかければ、蚊の毒が消えると言う話もあります。しかし、これはただかゆみよりも熱いのが勝ってしまうことでかゆみを抑えるということです。
次に本題であるかゆみの対処法を説明します。

スポンサードリンク

かゆみの対処法

薬を塗るのが一般的な方法です。市販の薬ではウナコーワ、ムヒ、キンカンが有名ですね。この薬を使ってみて効果が現れない人は、ステロイドが入った薬を使っているそうです。市販でもステロイドが入った薬は購入できるらしいですが、病院に行くことでより効く薬がもらえるらしいです。
蚊の毒を外に出してかゆみを止める方法があります。「ポイズンリムーバー」というものを使って、刺された所から血を吸い出すことで毒を外に追い出し、かゆみを止めてくれるそうです。

まとめ

かゆくなってしまうと、掻いてしまうことがよくあります。それをしてしまうと跡が残ってしまうこともあるので、極力避けたほうがいいです。一番いいのは皮膚科に行き一度薬をもらっておくことだと思います。かゆいのは大変だと思いますが、適切な処置をしてかゆみからおさらばしてくださいね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP