七五三っていつすればいいの?男の子、女の子の違いは?徹底紹介!


七五三といえば子どもの成長を祝う大事なイベントですね。私のところもそろそろ七五三をしないといけないけど、実際にいつすればいいの?とか何回行わないといけないの?と悩んでいませんか?今回はそんな七五三をいつすればいいのか、男の子と女の子の回数の違いについて紹介します。

スポンサードリンク

実際に七五三っていつなの!?男の子と女の子の回数の違いは!?

一般的には男の子は五歳、女の子は三歳、七歳に11月15日に行うとされています。しかし、地域によっては男の子は三歳、五歳に行ったり、七歳に行うところもあるそうですので、お祓いをしてもらう神社に聞いてみるといいかもしれません。

数え歳?満年齢?

ここが一番難しいところですね。昔のように伝統を重んじるのなら数え歳でするそうです。しかし、今は満年齢で行う人が多く、どちらでもいいそうです。ちなみに数え歳の数え方は生まれたときを1歳とし、年を越すことに年を重ねていきます。数え歳で七五三で行うと満年齢1歳でしたという人もいます。その場合、着付けがとても大変だったという感想があったので体がある程度成長した満年齢で行ったほうがいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

経験談からアドバイス!

七五三を行った人からアドバイスを聞くと、すべてのことを一日で済ますのは子どもにとっても自分にとっても大変疲れたということでした。夏の間に家族写真と袴姿の写真撮影を行い、11月になったらお祓い、祈祷を行い食事会をする人もいるそうです。なお、無理に11月に済ませなくてもいいそうです。12月31日に終わらせればいいそうです。

まとめ

七五三は子どもの成長を祝う大イベントです。正確な決まり事はありませんが、もしも不安なところなどがありましたら、神社に問い合わせてみると丁寧に教えてくれるそうです。ぜひ楽しい七五三を行ってくださいね。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

喪中はがきはいつまで出せばいいの?どこまで?その悩みを解決!
父の日の工作プレゼントで小学生や幼児でも簡単にできるのは!?
恵方巻きの食べ方にルールはあるの?具材に決まりは?
母の日の工作で簡単に幼稚園や小学生でも作れるプレゼントは?
秋のお彼岸の意味はなに?いつ?お供え物は?すべて紹介!
母の日のカーネーションの本数は?花束がいい?何本かで大丈夫?
母の日の料理で子供におすすめなのは?手作りプレゼントも紹介!
父の日のプレゼントで大学生も買える安いものはおすすめなポロシャツ?
お歳暮って両親に贈る必要はあるの!?義理の両親にも!?
お歳暮を入院中の相手に贈るのは失礼なの!?
豆まきに落花生を使う地域はどこでなぜなの!?
母の日のプレゼントでおすすめで安いのは?喜ばれるものは演出?
父の日のプレゼントで義父への選び方は?予算はどのぐらい?
節分とは?簡単にわかりやすく伝えるにはどうすれば良いの?
ひな祭りの目的って?何歳まで祝うの?処分はしていいの?

Menu

HOME

TOP