母の日のカーネーションの本数は?花束がいい?何本かで大丈夫?

母の日のカーネーションの本数は?花束がいい?何本かで大丈夫?

ん~どうしよう。母の日のカーネーションの本数はどれぐらいがベストなんだろう。何本かでいいものかのか、それともドサッと花束のほうがいいのか。うちのお義母さんは数本にしたら、「少ないわね。」といいそうだし、花束にしても、「花ってすぐに枯れるから、こんなにたくさんもらっても困るわ。」とか言いそうだし、実際にどうすればいいのかわからない。

少なすぎても、多すぎても困る時ってありますよね。そういう時は相手が文句を言えないようにちゃんと準備をしておけば大丈夫なんです。

今回はカーネーションの本数はどのぐらいがベストなのか、花束で渡すとき、何本かで渡すときの対処法を紹介します。

スポンサードリンク

母の日のカーネーションの本数はどのぐらいがベストなの?白色はダメ!?

大抵の人たちは本数に関しては気にしていないそうです。母の日のためにカーネーションを買う場合はお花屋さんで予算を伝えてあとは店員さんに任せるという人が多いです。

予算としてはだいたい3,000円分のカーネーションを用意するといいそうですよ。

このときに色を特に指定しなければ店員さんがキレイにまとめてくれます。一色にしたいという場合は赤色を選ぶのが一般的です。どうして赤だというと、赤色のカーネションの花言葉には「母への愛」という意味があり、日本では生きている時には赤色のカーネーションを渡すという習慣がついたからだそうです。

カーネーションにはいろんな色があり、その中には白色もあります。ですが、白色のカーネーションは渡してはいけないとされています。母の日ができるきっかけとなった、母親の教会での葬式で白色のカーネーションを添えたことから、日本では白色のカーネーションは亡くなった人のお墓にそえる花とされています。

なので、白色のカーネーションはそういう意味があるので避けたほうがいいですよ。

それ以外の色なら大丈夫なので、一色にするのか多色にするかはお花屋で見てから決めるといいですよ。このときにかすみ草を入れるとより良くなるそうです。

スポンサードリンク

母の日のカーネーションを花束で渡した時に言われる文句の対処法は!?

もしかしたら母の日にカーネーションを渡したら、「私は花はすぐ枯れるから嫌いだわ。」「毎年同じ花を渡すけど、もっと気が利いたのを渡せないの?」など言われる場合があるかもしれません。

そういう場合は、少し変わったカーネーションを渡しましょう!

変わったといっても、カーネーションを渡すのは変わりません。なにを変えたかというと、カーネーションの状態を変えるとか、カーネーションを花ではなく物に変えるかです。
カーネーションの状態を変えるというのは、ドライバーやプリザーブドフラワーといった、花の水分を極力減らして花のきれいな状態を長持ちさせて保つということです。

花ではなく物に変えるというのは、カーネーションの造花をプレゼントするということです。

どちらにしてもこれなら、先ほど紹介した文句は言われないでしょう。毎回の母の日のプレゼントがマンネリ化している人はこのようなプレゼントを試してみてはいかがでしょうか。

母の日のカーネーションを何本かで済ましたときに言われる文句の対処法は!?

「もうあのお義母さんにはそんな花束なんていらないわ。」と考えている人がいるかもしれません。

そういう場合には何本かで済ませちゃいましょう。

ただし、普通のカーネーションを何本かで済ませてはいけません!子供の力を借りるのです!

もし、お子さんがいるのなら、お子さんにカーネーションを工作してもらうのです。どんな親でも孫が作ったものならなにも文句は言えません。逆に普通にカーネーションを花束を渡すより喜ばれるかもしれません。

お義母さんが喜びそうなプレゼントにお子さんが作ったカーネーションを一緒に渡せば、なにも問題は起きないでしょう。

作り方は折り紙、ペーパークラフトといった感じでいろいろ探せば見つかります。このサイトにも少し紹介していますので、参考にしてみてください。

母の日を子供に教えるという観点からしても、この方法はいいのかもしれませんね。

まとめ

今回は母の日のカーネーションの本数は何本がいいのか、花束や何本かにしても文句が言われない方法を紹介しました。本数を気にする必要はありません。それよりかは何円ぐらい花束にするのかを考えたほうが良さそうです。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

都民の日の上野動物園の混雑を大予想!
意外と知らない!?お月見の風習、お月見泥棒(お月見どろぼう)
喪中はがきはいつまで出せばいいの?どこまで?その悩みを解決!
節分とは?簡単にわかりやすく伝えるにはどうすれば良いの?
ひな祭りにすること、やることはなに?食べ物にはどんな意味が?
母の日の過ごし方って?感動するプレゼントやメッセージとは!?
恵方巻きの食べ方にルールはあるの?具材に決まりは?
母の日の義母のプレゼントで人気なのは?予算は?あげないのもあり?
父の日は何をする?することやることを大紹介!
父の日のプレゼントを手作りで幼稚園の子供でもできるお菓子は!?
お歳暮を入院中の相手に贈るのは失礼なの!?
母の日の料理で子供におすすめなのは?手作りプレゼントも紹介!
母の日と父の日2015年はいつ?プレゼントはペアのでもいいの!?
父の日のプレゼントで義父への選び方は?予算はどのぐらい?
ひな祭りの目的って?何歳まで祝うの?処分はしていいの?

Menu

HOME

TOP